寝室の家具配置にこだわろう

家具は部屋のポイント

家具の配置が大切となります

寝室に家具を置きたいと思うのですが、どうしてもベッドと収納タンスなどを置いてしまうと、部屋が狭くなってしまい、圧迫感を感じてしまいます。うまく配置するにはどうしたらいいのかと悩んでいる人も多いでしょう。部屋に入った時に一番最初に目に入るところに大きなものを置いてしまうと、どうしても圧迫感を感じてしまいます。ですので、入口のところからできるだけ小さい家具類にして、奥に入れば入るほど大きなものを置いていくのが理想的です。また、入口付近にすぐにベッドを置くのではなく、できれば奥の方に置くほうが空間ができて良いと思います。ちょっとしたことなのですが、配置をかえるだけで、随分と部屋の雰囲気が変わりますし、せっかくいい部屋であっても狭く感じてしまうのは、もったいないです。部屋を広く感じるためにもできるだけ手前には小さな家具を、奥に入れば入るほど大きなものを置くと良いでしょう。また寝室の場合は、なるべく物を置かないというのもポイントです。あくまでそこでは就寝するための部屋と考えて、なるべく物を置かないようにしたいです。部屋がすっきり見える人のところのレイアウトの特徴としては、やはり沢山収納するものをおかないということです。広々と使っているのはその部屋の特徴ですので、まねをすると良いでしょう。他の部屋と違って寝室は、そういった特徴が顕著ですので、アレンジできないならそのまま真似るのが早いでしょう。

家具の深い情報

↑PAGE TOP

Menu